排水管のつまりにおける水道工事

排水管がつまってしまうと排水ができなくなってしまい大変なことになります。水を流せないということは、水を使えないのと同じことだからです。その原因と対処法を知っておくことで慌てなくて済むでしょう。

■排水管がつまる原因とは

そもそも、どうして排水管がつまるかといえば、それは配管のどこかに汚れや異物が蓄積してしまい、それが水の流れを妨げているからです。たとえば、トイレの場合はトイレットペーパーがつまってしまうことはよくあります。流し台の排水管の場合には、食べカスや油汚れがつまりやすいでしょう。徐々に汚れが蓄積していき、それが水の流れを止めてしまうというケースもあります。水が流れにくいと感じる場合は、すでに何かがつまっている可能性があります。

■つまりの直し方

つまりの原因となっているものを取り除くことができれば、問題は解消されます。その際には、薬剤を用いるという方法が一般的です。トイレの場合はラバーカップを使うことでも解消できることが多いです。これらの方法は普通の家庭でもチャレンジできます。もしこれらの方法でも解決しない場合は、水道 工事を依頼することになります。そうすれば、水がスムーズに流れるようになり問題は解決されます。

■まとめ
水道のつまりについては、素人が下手に直そうと思うと余計に被害が大きくなってしまう可能性があります。それを避けたいならば、水道工事を依頼した方が良いでしょう。プロであれば、適切な方法を選択して素早く問題を解消してくれるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ